読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翠葉の森 Suiha forest

西式甲田療法、日々感じることを綴っています

このままじゃだめかも?

懐かしいデジャブを感じました。

 

「このままじゃダメかも!!」といって飛び出して、その時付き合ってた彼とバッサリ別れて転職して・・・

 

「このままじゃダメかも!」と思ったのは、彼が悪いとかそうではなくて、、、ダラダラしてる自分に“ダメかも!”と思ったこと(@_@)

 

その頃の私は短大を卒業して直ぐに就職した会社を辞めました。趣味が高じてビリヤード場の店員さんのバイトをしていました。その時に出会った彼。私はその家に入り浸って、お母さんと二人暮らしのお家によく泊まりに行ってました。そして、フラフラとお昼頃に起きて・・・そのお母さんが作ってくれたごはんを一緒に食べるという生活(@_@)

 

私は日がな1日、彼が仕事へ行っている日はお部屋でゴロンゴロン( ̄∇ ̄)

結婚もしていないのに通帳預けてくれたり!そのお母さんとの会話で彼へ結婚したら治療(その頃は手術したてだったから)の費用とかも心配しなくてよんだよ?とか、結婚するなら教会かな?とかとか、、、自分が思い描いていたことを全てオッケー大前提でオープンに話してた。しかも、もし?この先別れても、女は悪くない、悪いのは全部、男だからね?と、めちゃ?カッコイイお母さんだよね・・・

 

でもね?私はその頃、

そこに罪悪感を感じ始めていたんだと思う。

「こんな私が愛されてもいいの?」

 

はいっ!出ました、笑。今、振り返ると、凄い笑える。

 

そんな事を思っていたのが、ちょうど、今くらいの時期じゃないかな?!懐かしい・・・

 

そこから、

その家を飛び出して、都内へ再就職したのね。そんで、、、バテバテになったね、笑。

 

そこで出会った人と結婚して、別居からの離婚した。その人は大企業のエンジニアさんで、実家が都内の自由が丘というお坊っちゃんだったよ。。。でも、前者の彼とは一転・・・めちゃケチだった( ̄∇ ̄)恋愛基準の選択が「好き」からそもそも始まってなかったのかもな。条件から決めてた気がする。アホだよね。

もーさ?そこを、トコトン私は体験したかったんだねー?懲りないよね、笑。もーやだよ〜!!!

 

なんか、、、一生懸命やることとか、努力すること、、、それらがまるで正解のように感じていたあの頃。

 

今日も、ふと、このままじゃダメかも?と思った瞬間があった。

 

あら!また、やってるよ?

いいじゃない?

罪悪感まみれで、このまま進んでみない?

 

罪悪感をはねのけて、やってみたことも経験だけど、結局は疲れたよね。。。

 

このゆっくりした時間を過ごしていこうと決めた。ここにオッケー出そうよ?

 

幸せにも耐える、笑。