読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翠葉の森 Suiha forest

西式甲田療法、日々感じることを綴っています

“お姉ちゃん”という役割

「面倒を見る」からの卒業。

 

“お姉ちゃん”という役割は、人それぞれだと思う。その役割をやってきて良かったこともあるし、自分本来の“らしさ”を消してしまったり、抑圧してる時もある。

 

私の場合は「面倒を見る」がいつの間にか無意識にやってしまうこと。

 

言葉って使いようによっては、本当に諸刃の剣だと気づく。

 

「面倒を見る」

 

ですよ?

 

みーたーくーねー!!!、笑。

 

いやぁ!!!長年・・・

ほっんとに!やってた!

 

ただいま、母が絶賛、

湿疹がドンドンと酷くなっています。

 

でも、私はかなり冷静で、、、

今までのように

同情したり、

何かをしてあげよう!

と気持ちが動きません。

 

というのも、

この1ヶ月を見ていて、、、

うん、、、

なるよねー?

という行動ばかりをしていたこと。

でも、

それすらも、

口を出すのはやめました。

 

そして、

今回は、

いよいよ

辛くなってきて、

いよいよ

行動、、、。

 

しかし、

母は

末っ子体質で何でも

周りにやってもらうのが

慣れている気質です。

 

それに

合わせるのは

わたし、、、

疲れました( ̄∀ ̄)

 

もうーね?

大人でしょ?

 

人の話は聞いてねーし?

そりゃ!

なるわな???

を、

何度も繰り返してらっしゃいます。

 

知らんがな!!!

に、なりますわね。

 

ある意味、、、

これが

親子の二人にとっての

自立でも

あるのだな?と感じています。

 

私が何でもやって

情報を提供して

シェアする・・・。

 

このパターンは

終わりにしよう。

 

卒業だし、、、

いわば、

解放?です。

 

清々しいです。

 

何だか?毎回感じていた

モヤモヤする

胃にあった何とも言えない

塊のようなものがなくなりました。

 

その塊の正体は

 

「何で私がやらなきゃいけないの?」

でした。

 

やりたくもないのに

我慢してやってた事に気づきました。

 

お姉ちゃんだから

助けなきゃ!!

 

いやいや、、、!

私はお母さんの

お姉ちゃんじゃねーからっ!!

 

勘違いしとったよっ(´⊙ω⊙`)

 

こんなに無意識に使っている

言葉の数々・・・

 

要らない言葉は

お焚き上げです。

 

サーヨーナーラー!!!